*

スタインウェイの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

12ba0c5a.jpgスタインウェイの調律に行った。
今年の夏はとっても暑い。
ピアノが心配だったが、大丈夫だった。
よく弾いていらっしゃるようで、馴染んできてますよ。
ドイツの楽器はしっかりと作ってあることもあり、1年2年と引き込んで馴染んできたほうが響きもタッチも良くなることが多い。
ハンマーと弦の接触部分も落ち着いてきて良い感じ。

おすすめ記事

関連記事

IMG_3808

グロトリアン Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン ht

記事を読む

ベーゼンドルファーのバス弦

ベーゼンドルファーの交差弦 ピアノが語ってくれたもの-その20

ピアノが語ってくれたもの-その20 フランスの「パープ」さんは天才? Q.ミュンヘンの楽器博物館

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

PAGE TOP ↑