*

スタインウェイの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

12ba0c5a.jpgスタインウェイの調律に行った。
今年の夏はとっても暑い。
ピアノが心配だったが、大丈夫だった。
よく弾いていらっしゃるようで、馴染んできてますよ。
ドイツの楽器はしっかりと作ってあることもあり、1年2年と引き込んで馴染んできたほうが響きもタッチも良くなることが多い。
ハンマーと弦の接触部分も落ち着いてきて良い感じ。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

blog_import_501d5b0370e66

ベヒシュタインの納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行った

記事を読む

130715_1915~01

ベヒシュタイン12nの調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   「ベヒシュタイン」12nの調

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

DSC_0600-2

グロトリアン フリードリッヒ 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 

アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロト

記事を読む

PAGE TOP ↑