*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d65a1bc64d近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28
グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図
地酒を地元で味わう…。ではないが、本場の求めている音をしっかり感じることが出来た。
具体的な感想はもう少し熟成させて機会があったら、お話しできると思う。
さてさて、ブラウンシュバイクにも市民ホールがあるとかでせっかくだから行くことにした。
blog_import_501d65a3c8324

写真は入口に駐車中のトラック。
ノンベェの私は見つけるなり早速パチリ!
blog_import_501d65ab90b48
入口は近代的ででかい!ドイツやなぁ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

グロトリアン コントアの納入調律に行った。 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアン コントアの納入調律に行った。 とても気に入って下さっているようで、 喜んで頂け

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

PAGE TOP ↑