*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d65a1bc64d近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28
グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図
地酒を地元で味わう…。ではないが、本場の求めている音をしっかり感じることが出来た。
具体的な感想はもう少し熟成させて機会があったら、お話しできると思う。
さてさて、ブラウンシュバイクにも市民ホールがあるとかでせっかくだから行くことにした。
blog_import_501d65a3c8324

写真は入口に駐車中のトラック。
ノンベェの私は見つけるなり早速パチリ!
blog_import_501d65ab90b48
入口は近代的ででかい!ドイツやなぁ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

ベヒシュタインセンター

ベヒシュタイン センター ピアノが語ってくれたもの-その37

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]  ピアノが語ってくれたもの-その3

記事を読む

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

フレデリック・ショパン

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

PAGE TOP ↑