*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d65a1bc64d近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28
グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図
地酒を地元で味わう…。ではないが、本場の求めている音をしっかり感じることが出来た。
具体的な感想はもう少し熟成させて機会があったら、お話しできると思う。
さてさて、ブラウンシュバイクにも市民ホールがあるとかでせっかくだから行くことにした。
blog_import_501d65a3c8324

写真は入口に駐車中のトラック。
ノンベェの私は見つけるなり早速パチリ!
blog_import_501d65ab90b48
入口は近代的ででかい!ドイツやなぁ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

ハンブルグ スタンウェイ

スタインウェイ im Hambrug ピアノが語ってくれたもの-その27

ピアノが語ってくれたもの-その27 仮説その1 ピアノ音のインハーモニシティーが平均律音階の普及に

記事を読む

ハンマーヘッド

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

PAGE TOP ↑