*

ショパン!旬だねぇ。気持ちが若返るねぇ…。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノコンサート

e7390f0f.jpgショパン!旬だねぇ。気持ちが若返るねぇ…。
サロンから懐かしい響きが聞こえてきた。
ラフマニノフとショパンのコンチェルトだ。
むか~しむか~し音大調律師時代、学内コンクールで課題曲だったことがあって、寝ても覚めても練習室から聞こえてくるのはショパンのコンチェルト!
ピアノファンにピアノコンチェルトの魅力を語らせたらとてもとても長~くなっちゃうかも…。
オケ部分をグロトリアンが受け持つってのもなかなかいいバランスだったよなぁ。

おすすめ記事

関連記事

IMG_3181-1

SAUTER 160 Tradition 新品同様 2011年製

仕様:SAUTER 160 Tradition ブランド ザウター

記事を読む

ザウターの心温まるコンサート

ザウターの心温まるコンサート

記事を読む

blog_import_501d55517d079

ザウターピアノの納品に行った。

ザウターピアノの納品に行った。 ザウターピアノのデザインは洗練されていて、女性に人気がある。 音

記事を読む

fabrik_alt[1]

ザウター社の歴史 ~師匠はモーツァルト・ベートーベンのピアノ製作者~

Johann Grimm(初代) ◎1人の手工業職人が夢を描く ヨハン・グリム(初代 1795年

記事を読む

150528_1258-01-180x300

SAUTER 160 Tradition の納品に行った。

SAUTER 160 Tradition の納品に行った。 思い切って購入して良かった!と、笑

記事を読む

201812ベヒシュタインの深響き (1)-001
サロン・ド・パッサージュ 太田太郎 コンサート ベヒシュタインの深響き 2019.2.24

unnamed
サロン・ド・パッサージュ 藤田凜太郎&藤平実来 PIANO JOINT CONCERT 2019.2.8 

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

Wir lieben BECHSTEIN ベヒシュタイントーンはこうして生まれる! 高品質なベヒシュタインピアノの技術的背景

thumbnail_2018-12-14 11-31
サロン・ド・パッサージュ Trio Concert on Valentine’s Day Vol.4 2019.2.14

0001
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.34  2019年3月17日(日) 開演13:00 入場無料!

RIMG0396
“C. Bechstein Resonances ” ピアニストからの評価、製造工程、歴史等様々な側面からベヒシュタインの魅力に迫ったミニ映画

1421917823565-4-467x550
C.BECHSTEIN ミレニアム116K

IMG_1582
今月のおすすめピアノ! ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出

IMG_1722
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN S-145 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1745
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN 新品 Newモデル アカデミー A114 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1399
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN Mod.M-180 黒艶出 1999年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Debussy_Zitatebild
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト弾き比べ聞き比べ

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

2
20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 

Tsukise Hall New Year Concert 2019.1.20 GROTRIAN Concert Royal in自由が丘

IMG_0696-300x224
スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ? 輸入ピアノ STEINWAY

B112Mod
ベヒシュタインアカデミーA114Modernの特徴と価格  輸入ピアノBECHSTEIN

thumbnail_IMG_5963
サロン・ド・パッサージュ Musikigenuss! vol.1 トリオコンサート 2019.1.14(月祝)

thumbnail_IMG_1860
マエストロが来てくれた。

輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴

サロンでグロトリアンを演奏
ピアノの鍵盤のサイズに関して

ケルン大聖堂内部5
ヨーロッパピアノ 音色が変化する面白さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑