*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d63d29df96近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14
これも貴重な写真だ。H.E.シュタインヴェック氏の長男Th.シュタインヴェック氏がドイツに残り1850年から1859年までピアノを作っていた建物のようだ。この間ピアノ史にとっても偉大な出会いがあったようだ。
GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe Readerグロトリアンの創始者ゲオルク・フリードリッヒ・カール・グロトリアン氏は1803年生まれ。
彼は1830年モスクワに渡りピアノ専門店を経営し成功する。
1855年に伯父の遺産を受け継ぐこともありドイツに帰国、この後運命の出会いがあった。
彼は、若きピアノ職人Th.シュタインヴェック氏を大いに認め、彼のピアノ工場に出資し、共同経営者となるのだ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティー早見表

インハーモニシティー早見表 ピアノが語ってくれたもの-その16

ピアノが語ってくれたもの-その16 49a弦長及び太さ早見表 Q.49aのインハーモニシティーが

記事を読む

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

凱旋門Plycar

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? ・ピアノの価格 平成3年、デジタルピアノの販

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

PAGE TOP ↑