*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d63d29df96近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14
これも貴重な写真だ。H.E.シュタインヴェック氏の長男Th.シュタインヴェック氏がドイツに残り1850年から1859年までピアノを作っていた建物のようだ。この間ピアノ史にとっても偉大な出会いがあったようだ。
GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe Readerグロトリアンの創始者ゲオルク・フリードリッヒ・カール・グロトリアン氏は1803年生まれ。
彼は1830年モスクワに渡りピアノ専門店を経営し成功する。
1855年に伯父の遺産を受け継ぐこともありドイツに帰国、この後運命の出会いがあった。
彼は、若きピアノ職人Th.シュタインヴェック氏を大いに認め、彼のピアノ工場に出資し、共同経営者となるのだ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ハンブルグ スタンウェイ

スタインウェイ im Hambrug ピアノが語ってくれたもの-その27

ピアノが語ってくれたもの-その27 仮説その1 ピアノ音のインハーモニシティーが平均律音階の普及に

記事を読む

1421917823565-4-467x550

ベヒシュタイン ミレニアム 新品 入荷しました。  輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/egU1G

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink] 仕様:BECHSTE

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

PAGE TOP ↑