*

NYスタインウェイの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 スタインウェイピアノ

NYスタインウェイの調律に行った。

866bb3f7.jpgスタインウェイは弦のテンションが緩い部類のピアノだ。 また、ニューヨークはミュージックワイヤーの質量も違うのか、もっと緩い感じがする。 とにかくファジーな感じで打鍵による変化が著しい楽器だ。 やたらと几帳面な日の丸やゲルマンにはなかなか馴染みにくい一面もあるが、楽器としての魅力は素晴らしいものがある。 だけど、技術者は苦労するね。この楽器の個性を理解して使用してもらわないとね。

おすすめ記事

関連記事

サンタクローチェ

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

ザウターピアノ1

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

PAGE TOP ↑