*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その4

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

フランクフルト駅

フランクフルト駅

グロトリアンに行ってきた その4
予定ではフランクフルト空港に入ってトランスファーでハノーファー空港のはずだったが…。
パイロットのストライキで飛行機が飛ばない?「おいおい!」と軽い突っ込みをかましたら、DB新幹線のチケットを手配してくれた。
ってなわけでやってきました。フランクフルターアルゲマイネ!ツァイテゥング?
ああ!新聞の宣伝か。
フランクフルト・アム・マインはピアニスト「サンソン・フランソワ」の出身地だそうで…。
家に彼女のLPレコードがあったっけなぁ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

TS380661

戦前のベヒシュタイン ベルリンと言えば・・・

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]  戦前のベヒシ

記事を読む

ベヒシュタインのSの調律に行った

ベヒシュタインのSの調律に行った。 Sは戦後の生産はされていないようだが、奥行き145cmサイズの

記事を読む

130430_1919~01

ベヒシュタイン L165の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインL165の納入

記事を読む

ベヒシュタイン響板

戦前のベヒシュタイングランドピアノ ベルリンと言えば・・・

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 衝撃のベヒシュタインピアノがあるのだ。

記事を読む

blog_import_501d59c6666ca

「BECHSTEIN・ナウ」その28 出荷整音と調律 グランドピアノ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   出荷整音

記事を読む

PAGE TOP ↑