*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d61df6c324なぜ?グロトリアンなのか?
これを話すと長~いことになるので・・・。ここでの紹介はちょっとだけにします。
約50年以上前の話だが、日本のコンサート調律技術を世界1と言われるほどに進化させ、ヨーロッパの音の本質探るべくドイツに旅立った人がいた。
その名を故「杵淵直知」大正14年生まれで父親もピアノ調律の名士として有名でピアノ業界の超サラブレッド家系の人なのである。
その杵淵さんが当時親の反対のなかで、家族も東京に残し「ヨーロッパの音」をつかむべく渡独し最初に1年以上研鑽を積んだドイツ1流メーカーがグロトリアンなのだ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

9-1-300x209

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ロマンティックトーン ペトロフ 見学 ペトロフが出来るまで ペトロフ展示ピアノ

記事を読む

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ ペトロフ?

ホーム    その1 ルーツと使用目的 なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロ

記事を読む

ペトロフ工場

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

ホーム ロマンティックトーン ペトロフ ペトロフ展示ピアノ ペトロフピアノ

記事を読む

PAGE TOP ↑