*

ベーゼンドルファーの納入調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

cf0dcfd7.jpgベーゼンドルファーの納入調律に行った。
ベーゼンドルファーのメンズレーション(弦設計)はこのモデル225に集約されていると思う。
いいピアノ作りは設計と材料と製作技術なのだが。
ローテク・ハイテクを駆使して創造された究極の形だ。
とくにこの225の中音から次高音につながる設計の見事さと製作精度は見事だ。
弦のインハーモニシティーは響板やボディの振動具合に想像以上の影響を受けるのだ。
この誤差を経験とともに見事に修正製作している。凄い!!!
調律している自分が感動するのだもの。
人類の叡智!
「ベーゼンドルファーピアノ情報」
「一流ピアノ練習室情報」

おすすめ記事

関連記事

ピサの斜塔

ピサの斜塔 ピアノが語ってくれたもの-その24

ピアノが語ってくれたもの-その24 なんたるのんき? Q.二つ目の価値観は? A. もう一つは

記事を読む

ベーゼンドルファーのバス弦

ベーゼンドルファーの交差弦 ピアノが語ってくれたもの-その20

ピアノが語ってくれたもの-その20 フランスの「パープ」さんは天才? Q.ミュンヘンの楽器博物館

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

070822_1801

赤レンガのベヒシュタイン工場 その9

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

スタンウェイ工具

スタインウェイ 工具たち ピアノが語ってくれたもの-その35

ピアノが語ってくれたもの-その35 スタインウェイの整音 A. もう、17年くらい前になります。

記事を読む

PAGE TOP ↑