*

ベーゼンドルファーの納入調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

cf0dcfd7.jpgベーゼンドルファーの納入調律に行った。
ベーゼンドルファーのメンズレーション(弦設計)はこのモデル225に集約されていると思う。
いいピアノ作りは設計と材料と製作技術なのだが。
ローテク・ハイテクを駆使して創造された究極の形だ。
とくにこの225の中音から次高音につながる設計の見事さと製作精度は見事だ。
弦のインハーモニシティーは響板やボディの振動具合に想像以上の影響を受けるのだ。
この誤差を経験とともに見事に修正製作している。凄い!!!
調律している自分が感動するのだもの。
人類の叡智!
「ベーゼンドルファーピアノ情報」
「一流ピアノ練習室情報」

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

スタインウェイB11デュ高音部

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

CB118クラシック

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Classic118 新品入荷しました。 輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン Classic118

記事を読む

凱旋門Plycar

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? ・ピアノの価格 平成3年、デジタルピアノの販

記事を読む

PAGE TOP ↑