*

キルンベルガー第Ⅲ技法の調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

9c118d7a.jpgキルンベルガー第Ⅲ技法の調律に行った。
え!?本当にいいの?え?今はバッハしか弾かない?
キルンベルガーは古典調律の基本中の基本形。
C Durが最も純正調に近く響き♭や♯が増えるにつれて長三度の緊張感は増す。
♭3つくらいでほぼ平均率の響きとなる。
超ご満悦のご様子でした。

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

101020_1809~01

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノに興味をもたれたきっかけは?  まず、国産の

記事を読む

ベヒシュタイン響板

戦前のベヒシュタイングランドピアノ ベルリンと言えば・・・

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 衝撃のベヒシュタインピアノがあるのだ。

記事を読む

ケルン大聖堂夕景

Bechstein B116 Compact ベヒシュタイン B116コンパクトの新品と中古 -2

ケルン大聖堂夕景[/caption]■ベヒシュタインB116Compactの構造 響板には除響板

記事を読む

FullSizeRender-310x232

ベヒシュタイン 12b チッペンデール

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 素晴らしい響きです! おススメ! 売約済み 仕様:ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑