*

キルンベルガー第Ⅲ技法の調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

9c118d7a.jpgキルンベルガー第Ⅲ技法の調律に行った。
え!?本当にいいの?え?今はバッハしか弾かない?
キルンベルガーは古典調律の基本中の基本形。
C Durが最も純正調に近く響き♭や♯が増えるにつれて長三度の緊張感は増す。
♭3つくらいでほぼ平均率の響きとなる。
超ご満悦のご様子でした。

おすすめ記事

関連記事

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

DSC_0378-977x550

グロトリアン Contour 

グロトリアン Contour グロトリアン Contour 新品入荷しました! 仕様:グロト

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

PAGE TOP ↑