*

Mr.グロトリアンが動いた日!

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 グロトリアンピアノ

023d8add.jpgMr.グロトリアンが動いた日!
f3435834.jpgグロトリアン社長のB.シュタインさんはおじいちゃんも調律師。ピアノ職人3代目の筋金入りサラブレッドピアノマイスターなのだ。
技術のみならず営業やマーケティングの経験の為に2年半の間ジーメンスで仕事もしたことがあるそうだ。
64062567.jpg今日はシュタインさんを講師に招きグロトリアンの勉強会。
工場でのピアノ製作の様子や他に類をみない設備の説明もあった。
グロトリアンはドイツのどのメーカーとも違う一貫生産という少量生産路線でいいものだけを作ってきたようだ。
それゆえに、日本では戦前から輸入されている実績があるにもかかわらず、昨今では幻のピアノと言われている。
かの、カリスマピアノコンサートチューナー、杵淵さんも生前グロトリアン工場には何度も出向き、「世界一のアップライトはグロトリアンだ!」の名言を残されている。
597c7f9f.jpg昼食後のコーヒータイムにも話は尽きないのだった。
fadd88de.jpg
ご成約のフリードリッヒ.グロトリアンにサインしてもらった。
3c57d572.jpg「おめでとう!いい音で楽しんでください。」
シュタイン社長、これから、中国の楽器メッセ、通称「上海メッセ」に行くそうだ。
なるほど、年々展示規模が増しグロトリアンに限らずスタインウェイやベヒシュタインも上海メッセには出店することだろう。
そうだ!!5年ぶりに、今年は私も行ってみるかな?

おすすめ記事

関連記事

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

フレーム 錆落とし

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

ピアノが語ってくれたもの-その12 歴史が語るピアノキャラクター Q.ルーツを訪ねて、今を知るっ

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

フレーム サーフェーサー

ピアノフレーム サーフェーサー処理 ピアノが語ってくれたもの-その13

ピアノが語ってくれたもの-その13 ウィーン式アクション(ウィンナーメカニック) Q.ウィーン式

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

PAGE TOP ↑