*

「BECHSTEIN・ナウ」その10

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 DSC00646-706x1024DSC00673
0116響棒接着駒と響板の接着の後、ボディと響板は接着されます。
特にグランドピアノの高音部は弦が張られてテンションがかかった場合にねじれの強い力が働くため強密着の工夫が施されるそうです。
フレームボルトの工夫やサウンドベルを大型機種では取り付けます。
響棒とリムの完全密着はコンピューターの利用で3次元工作がより正確に出来るようになったそうです。
私の寿命は戦前のものよりもっと伸びる可能性も出てきました。喜ばしいことです。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

DSC_0608-2-977x550

グロトリアン Cabinet 

GROTRIAN Cabinet その姿、音色どちらをとっても、キャビネットに無駄な要素はいっさい

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

55610c25d628705bde31c82a4bd64fbf

PETROF  製造年 -製造番号

1900 -13000 1963 -94800 1990 -50

記事を読む

100505_1053~01

グロトリアン ストーリー 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

blog_import_501d6e533dbc5

グロトリアンの整音作業

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

PAGE TOP ↑