*

スタインウェイの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/08/22 ピアノ調律

ee1bfa65.jpgスタインウェイの調律に行った。
C-221は通称「セミコン」と呼ばれる。
ピアニストが好むB-210とコンサート会場のD-274の間のサイズだ。
そのせいか、あまり見かけることが他の機種に比べて少ない。
今思いつくのは・・・、芸大といわき市のエリーゼホールとここくらいかなぁ?
あ!日仏会館にも確かあったっけなぁ。

おすすめ記事

関連記事

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

オルセー美術館

オルセー美術館 ピアノが語ってくれたもの-その4

ピアノが語ってくれたもの-その4 弓 Q.本来、ピアノとオルガンを除いて自分の楽器の調律は演奏者

記事を読む

フェルトハンマー

ハンマー ファイリング ピアノが語ってくれたもの-その36

ピアノが語ってくれたもの-その36 整音とは「発声法」 Q.スタインウェイの整音イメージとは?

記事を読む

フレーム仕上げ

フレーム仕上げ ピアノが語ってくれたもの-その33

ピアノが語ってくれたもの-その33 洋の東西 A. 使用言語を聴いて感じて、そのリズムを持つこと

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

PAGE TOP ↑