*

同期といえば・・・。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 休日のこと

4d3be9b4.jpg同期といえば・・・。
国立音大の30期の同期18名には面白いメンバーがそろっていたようだ。
ピアノ調律の仕事をやり続けている人たちは半数になったが、才能豊かなメンバーがそろっていた。
ドイツ在住でピアノマイスターの同期Y君のブログマイスターのお道具箱もたまに拝読するのだが、そこにAniyaのことが出ていた。
聞いた事のある名前だなと思ったら、同期S嬢のことだと思い出した。そーいえばアメリカで歌手やってるって10年くらい前にAniyaの名刺をもらったっけ。
便利な時代になったねぇ。早速彼女の歌を聴けるのだから・・・。JAZZは高校生の時にハービーハンコックにはまって依頼休眠中なのだが、心を落ち着かせてくれる音楽だよね。
他にはベースギターのメーカーになった奴や、作曲を手がけている奴。TV局の仕事が多い奴、子供が好きで保育士になった奴。
音楽好きには悪党はいないねぇ。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d65a1bc64d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28 グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図

記事を読む

blog_import_501d603bdba9c

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!?

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!? 成田からフランクフルトにはどうやら飛ぶらしい

記事を読む

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

フランクフルト駅

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その4

フランクフルト駅[/caption] グロトリアンに行ってきた その4 予定ではフランクフ

記事を読む

blog_import_501d63f260c62

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その 11

ゼーゼンに行った! キッチンピアノが作られた建物はもうない。 現在の町の中心から少し離れたところ

記事を読む

PAGE TOP ↑