*

日本ピアノ調律師協会の阪奈和地区で研究会があった。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

b49be12b.jpg日本ピアノ調律師協会の阪奈和地区で研究会があった。
テーマは以前ブログでも紹介した、山本さんのクリストフォリのピアノだ。
演奏も披露されたらしく、この演奏者に当社サロンのチーフ筒井君が選ばれた。
聴衆が調律師の中で歴史的な楽器を演奏する度胸も大したものだ。
筒井君から送られてきた写真を披露したい。
このクリストフォリの山本完全コピーモデルは私も音を聴いたが、制作後10年を迎えて素晴らしい音色になっていた。
まさに音の強弱が自在で音色はチェンバロの繊細なそれ、そのものだった。
0a2f6f5b.jpgアクションのカットモデルです。
まさにクリストフォリは天才だった。

おすすめ記事

関連記事

グロトリアン

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

ベルリン

ベルリン ピアノが語ってくれたもの-その32

ピアノが語ってくれたもの-その32 西洋は子音の大安売り? A. 例えば、ドイツ語でSchrei

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

PAGE TOP ↑