*

四谷のスタジオに調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 スタインウェイピアノ

8ea1d879.jpg四谷のレコーディングスタジオに調律に行った。
ピアノはスタインウェイZ114のチッペンデールタイプ。
ヨーロッパで販売されていたもので、ほとんど使用されていない。
良い響きだ。
スタジオはクラシックではないので、ピッチは441Hzが指定されている。
c7df14d1.jpg場所は九段南4-6-13マンションの10階だ。
近々にパンフレットが出来るそうです。

おすすめ記事

関連記事

24-3-300x225

GROTRIAN 製造年 -製造番号

1864 -510 1926 -52506 1987 -1366

記事を読む

DSC_0608-2-977x550

グロトリアン Cabinet 

GROTRIAN Cabinet その姿、音色どちらをとっても、キャビネットに無駄な要素はいっさい

記事を読む

グロトリアンコンサートロイヤル

輸入ピアノ グロトリアン コンサートロイヤルを弾いてみませんか?

クララシューマンが愛し続けたピアノ それはグロトリアン! グロトリアン コンサートロイヤル

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

PAGE TOP ↑