*

森下文化センターに調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 グランドピアノ

f48245c7.jpg森下文化センターに調律に行った。
コンサート調律は時間厳守もさることながら、楽器を持ち運べないピアニストにピアノを触る時間を作ることも重要だ。
細かい技術にスピードも要求されるが、奏者に少しでも喜んで安心してもらうために
日々努力なのです。

おすすめ記事

関連記事

ザウターピアノ1

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

凱旋門Plycar

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? ・ピアノの価格 平成3年、デジタルピアノの販

記事を読む

DSC_0378-977x550

グロトリアン Contour 

グロトリアン Contour グロトリアン Contour 新品入荷しました! 仕様:グロト

記事を読む

グロトリアン コントアの納入調律に行った。 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアン コントアの納入調律に行った。 とても気に入って下さっているようで、 喜んで頂け

記事を読む

PAGE TOP ↑