*

森下文化センターに調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 グランドピアノ

f48245c7.jpg森下文化センターに調律に行った。
コンサート調律は時間厳守もさることながら、楽器を持ち運べないピアニストにピアノを触る時間を作ることも重要だ。
細かい技術にスピードも要求されるが、奏者に少しでも喜んで安心してもらうために
日々努力なのです。

おすすめ記事

関連記事

TS380757

赤レンガのベヒシュタイン工場 その15

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

070814_1649

赤レンガのベヒシュタイン工場 その6

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

TS380754

赤レンガのベヒシュタイン工場 その16

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

PAGE TOP ↑