*

スゴイことを成し遂げた日本人がいる!その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

e3949c46.jpgスゴイことを成し遂げた日本人がいる!その2
楽器を拝見した私の感動もなかなか収まらない。
外装はイタリアンポプラだそうで、無塗装のボディからは約10年たっても木の香りがした。
響板は西洋糸杉の板目を使用されていた。
クリストフォーリの楽器もそうだったのだろう。
輸入楽器を長く扱ってきて感じること。そう。楽器は制作直後が完成ではないのだ。
5年10年といい環境で使用されて、初めて完成といえる。楽器の反応や響きがもっともっと良くなるのだ。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン アップライト

ベヒシュタイン アップライト組み立て ピアノが語ってくれたもの-その21

ピアノが語ってくれたもの-その21 ハンマーの選択だけでも分かっちゃう Q.ハンマーの話しにもど

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

フレデリック・ショパン

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

スタインウェイB11デュ高音部

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

PAGE TOP ↑