*

ブリュートナーというピアノ

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 グランドピアノ

45069b71.jpgブリュートナーというピアノ
ドイツはライプツィッヒで今も元気で製造されているピアノだ。
今年の初旬までは、直ちゃんこと日本ベーゼンドルファーで見ることもできたが、今はそれもかなわない。
アリコートシステムや4本弦を考案したり、他の追随を許さない独特の弦設計のかもし出す個性の光は素晴らしいものがあるのだ。
バッハ好き必見のピアノだ。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d64fc3f89a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26 これが「カタツムリ」と呼ばれる音大練習室。

記事を読む

blog_import_501d6240e541d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その7

グロトリアンに行ってきた その7 これが、現在のグロトリアン工場。 ブラウンシュバイク市の中心街

記事を読む

blog_import_501d642ad539f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出

記事を読む

blog_import_501d621f1281a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

グロトリアンに行ってきた その6 ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダ

記事を読む

blog_import_501d63a18f3b5

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その12

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その12 グロトリアンのルーツ。それは、ブラウンシュ

記事を読む

PAGE TOP ↑