*

サロン・ド・パッサージュではヴァイオリンが聞こえていた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 サロン・ド・パッサージュ

5d6b17f5.jpgサロン・ド・パッサージュではヴァイオリンが聞こえていた。
サロン・ド・パッサージュではいろいろ多才なスペシャリストが音楽を趣味として訪れる。
天は二才を与えるのか?
ソリストはお医者さんなのだ・・・。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784-225x300

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年 なんと!2

記事を読む

2017-11-13 08-53-54 (2)

スタインウェイ A-188 Texaco Oil特注モデル6本脚 メトロポリタン博物館展示STEINWAY&SONS 入荷しました

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ A-188 Texaco

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

blog_import_501d46b6a68c2

メリー クリスマス!!

メリー クリスマス!! クリスマスツリーはもみの木なのだ。 ドイツではフィヒテと呼ばれる。 ピ

記事を読む

DSC00742

「BECHSTEIN・ナウ」その15 フレームアグラフ取り付け

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   フレーム

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -1

・ハンマーシャンクとは ハンマーシャンクとは弦を叩くハンマーに接合された細長い棒で、金づちでい

記事を読む

43-1

ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノに興味をもたれたきっかけは? ピアノの先生の

記事を読む

PAGE TOP ↑