*

スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ?その6

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 おすすめ記事, なぜ?スタインウェイ

080224_1513スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ?その6
写真の鍵盤の手前にある真鍮のピンをベッティングスクリュー(ボタン)と呼ぶ。
KEYのシーソー運動の支点の下にあるレールをバランスレールと呼ぶが、その下に出っ張っている部分だ。
今ではほとんどのグランドピアノに装備しているシステム。これもスタインウェイがさきがけだ。
スタインウェイの場合非常に微妙な調整が可能で、音やタッチ感に大きく影響する。
長所としてはキーベッドや鍵盤側の変化に木を削って対応していたことをボタン調整でできることだろう。副産物として鍵盤のエネルギーロスが減り、パワーが生まれた。
スタインウェイシステムのなぞ。なぜ スタインウェイ?総集編

おすすめ記事

関連記事

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

DSC_0352

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由 様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費

記事を読む

スタンウェイ工具

スタインウェイ 工具たち ピアノが語ってくれたもの-その35

ピアノが語ってくれたもの-その35 スタインウェイの整音 A. もう、17年くらい前になります。

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

PAGE TOP ↑