*

ベヒシュタイン B112の調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 

ピアノパッサージュベヒシュタイン B112の調律に行った。
調律後、じっくり試弾中なのだ。
コンパクトサイズで、豊かな響きと多彩な表現力を持つ、素晴らしいピアノなのだ。

 

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

blog_import_501d65a1bc64d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28 グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図

記事を読む

blog_import_501d6240e541d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その7

グロトリアンに行ってきた その7 これが、現在のグロトリアン工場。 ブラウンシュバイク市の中心街

記事を読む

blog_import_501d628a852ba

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9 ここで、グロトリアンの町「ブラウンシュバイク

記事を読む

blog_import_501d62505246a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8 玄関を入ると早速大きなアンティークアップライ

記事を読む

PAGE TOP ↑